ブレーキのかけ方

| 未分類 |

車を道路で運転する上で特に気をつけなければならないことがあります。それは言うまでもなく、安全運転に徹するということになります。多くのドライバーが気をつけていることではあるのですが、それでも毎年交通事故が多数発生している状況にあり、それによって亡くなられる方も大勢いらっしゃるという現状が変わらずあるのです。より一層の注意を要して、更に交通事故を減らしていくような努力が、ドライバーにとりましては求められるのです。
車のアクセルペダルを踏み込むだけで、スピードは簡単に出せるものです。またブレーキペダルを踏み込むことでスピードは落ちます。ではこの2種類の操作は、どちらが難しい操作になるでしょうか。どちらともペダルを踏み込むだけの操作になるのですが、速度を落とす方がより難しい操作になるのです。ですからドライバーは、如何に速度を落としていくのかということをよく考えて運転しなければならないのです。
その有効的なかけ方があります。それがポンピング式と言われるものです。これは制動を数回に分けて行う操作を指す言葉です。ペダルを数回に踏み分けることで、制動灯を点滅させることができます。これが後続車に対しての合図ともなり、また危険を早めに察知して、早めから制動をかけることができることから有効的であると考えられているのです。