車を運転していると、歩行者が急に飛び出して来たり、右折車が急に先に曲がったりして急ブレーキをかけることもあります。
それが自分のこともありますが、前の車が急にブレーキをかけることもあるのです。
そんな時に前の車との距離が短いと、自分が急ブレーキをかけても追突してしまうことになります。
では安全な車間距離とはどのくらいなのでしょうか。
人は急ブレーキをかける必要がある「危険」を察知してから、実際にタイヤが完全に止まるまでには、時間的には短くても実際に車は進んでいるのです。
危険を察知してからブレーキを踏んで効きはじめるまでに進む距離を「空走距離」といい、実際にブレーキが効きはじめてから完全に停止するまでを「制動距離」と言います。
そして「空走距離」と「制動距離」を足したものを「停止距離」と言います。
危険を察知して車が停止するまでは、この「停止距離」を考慮する必要があります。
その停止距離は、走行速度から15を引いた距離だといわれています。
たとえば時速60Kmなら停止速度は45Km必要です。だから最低でも前との車とは45mの距離が必要になるのです。
さらに安全を考えるとそれ以上の距離をとることが望ましいのです。
前車との距離をできるだけ開けて、心と時間に余裕をもって運転することが追突事故を防ぐことになるのです。