現代ではほとんどの車にABS、アンチロックブレーキシステムが搭載されていますが、ABSが無い場合には自分でポンピングブレーキを行う必要があります。ABSは人間の足で行うポンピングを高い精度で自動化しているものですから、ABSと同程度のポンピングを行うにはコツが必要になってきます。ブレーキには減速させる役割と停止させる役割があります。減速とはカーブに入る前にスピードを落とす際に行われますが、全ての制動力を減速に使用すると曲がることができない状態となります。簡単に言えば強いブレーキでタイヤがロックしてしまうと、減速にしかタイヤのグリップ力を使用することができませんので、ハンドルを切っても車は曲がらない状況となります。ブレーキは強く踏まなければ効率良く減速することはできませんので、タイヤがロックしない範囲で強く踏み込むことがポイントになってきます。仮にブレーキによってタイヤがロックしてしまっても、ポンピングによってロックを解除すればタイヤのグリップ力を回復させることが可能です。カーブでは減速と同時に遠心力に負けてタイヤが滑り出すこと抑える必要があります。ですから、ポンピングによってタイヤをロックさせずにブレーキを踏みこむことが大切なのです。