速度と停止距離

| 未分類 |

誰でも車は急に止まれないことを知っていると思いますが、実際にどのくらいの距離と時間が必要なのでしょうか。それは走っている車の速度と路面の状況によります。車を運転している人が止まろうと思ってから実際に車が止まれるまでの距離を停止距離と言いますが、これは止まろうと思ってから実際にその動作に入るまでの距離である空走距離とブレーキをかけ始めたから止まれるまでの距離である青銅距離をあわせた距離です。空走距離は個人差がありますが、一般的には0.75秒程度の時間で走ってしまう距離で、つまり早さに応じて必要になります。50km/hなら10m程度です。制動距離はブレーキをかけ始めてから止まれる距離なので、道路の路面状況によって違うことになりますが、一般的な乾いたアスファルトの路面で、制動前の時速(Km/時)の2乗 ÷(254×0.7)という式で求められます。50km/hで走っている場合では、14m程度です。0.7は路面の摩擦係数で、0.7は乾いた舗装路面。ぬれていると0.5程度、氷だと0.07になります。これをあわせたものが停止距離になります。あわせると50km/hの時で乾いた舗装路面で、24m程度です。50km/hというスピードは一般的な国道などの速さですから、直ぐそこで人が歩いている場所です。

pet03_l